【身体に優しい家が作れると人気】自然素材の家の魅力とは

呼吸する自然素材

模型を持つ人

2003年7月に建築基準法が改正され、建材の安全基準がますます厳しくなりました。現在千葉で流通している合板やクロースなども、低ホルムやゼロホルムのものが多くなっています。それでも千葉で自然素材の家が注目されているのは、より高い安全性と自然素材の家ならではの特性を求めている人が増えているからでしょう。自然素材の家によく使われているムクの木や和紙、珪藻土などは呼吸する性質があります。呼吸するということは、素材の中にある気泡が、冷たい空気や温かい空気、また空気中に含まれている水分などを吸収、排出することです。室内の気温や湿度を平均的に保って、結露などを防ぐ効果も得られると言われています。また、解体した後に土に戻して再利用できることも魅力となっています。家を建てる前に解体後のことなんて考えられないと思うかもしれませんが、家が寿命を迎えた時、なるべく環境を汚さない建材を選んでおくことは新築時にしかできない大切なことです。千葉で材料を揃えるにも施工するにも、自然素材の家を造るのは手間がかかります。依頼先を選ぶ際には、その手間を惜しまずに快く引き受けてくれるところを選びましょう。自然素材について知識や情報を持っている依頼先なら、より安心です。そんな依頼先を探すには、雑誌やインターネットなどで情報を集める他、千葉の健康住宅づくりのネットワークを利用するのもおすすめです。健康住宅に関心の高い設計者や施工会社の他、材木屋や建材メーカーなどが参加しています。